2007年05月24日

羅生門葛

堂々




mdt_PICT0344.jpg


mdt_PICT0318.jpg


mdt_PICT0132.jpg



mdt_PICT0346.jpg




ラショウモンカズラ(シソ科)07花043


本州〜九州、朝鮮に分布する多年草。
4月から5月にかけ、美しい紫色の花を咲かせる。
花冠の長さは4〜5cmであり、シソ科の植物としては大きな花であり、
開花していると目立つ。谷沿いの明るい樹林下などに生育する



4月の高尾山はスミレからいろんな花がまた咲き始めています。
すこしずつ紹介していきます。
なかなかアップできないです〜
(悲しい)









裏高尾 日影沢 2007/4/21
posted by たぼ吉 at 07:59| 東京 ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | 花写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月22日

三つ峠山頂より

快晴爽快




mtg_PICT0002.jpg

八ヶ岳方面


mtg_PICT0023.jpg



mtg_PICT0021.jpg


南アルプスの山々


mtg_PICT0015.jpg


自衛隊の野焼きの煙
mtg_PICT0081.jpg

富士と雲・・



mtg_PICT0092.jpg

河口湖を望む

mtg_PICT0020.jpg


三つ峠頂上より(1785m)




4月の最後に登った
三つ峠山。行きは、霜柱もありじゅくじゅく道、いつものルートで登山するも
花がない・・・
でも、すばらしい富士山に今日も出会えて満足!









山梨 三つ垰山 2007/4/29
posted by たぼ吉 at 07:13| 東京 ☀| Comment(6) | TrackBack(0) | 風景写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月20日

春竜胆

春告





mdt_PICT0299.jpg



mdt_PICT0298.jpg


mdt_PICT0301.jpg


4/21 高尾日影沢


mtg_PICT0036.jpg


mtg_PICT0032.jpg


mtg_PICT0034.jpg




ハルリンドウ(リンドウ科)07花042


日当たりのよい、やや湿ったところに生える二年草。
根生葉は長さ約2cmの卵形で、
花茎は数本が集まって立ち、茎につく葉は小さい。
花は長さ2〜3cmの漏斗状で上向きに開く



4月の最後に登った
三つ峠山。違ったルートで下山するも
花がない・・・そんな時見つけた
ハルリンドウ・・・感動しました。
1週間前の高尾のハルリンドウも1株ひっそりと・・









山梨 三つ垰山林道 2007/4/29
posted by たぼ吉 at 19:24| 東京 ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | 花写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月19日

丸葉菫&髭毛丸葉菫

変化



mdt_PICT0116.jpg


mdt_PICT0118.jpg

4/21 日影沢



hit_PICT0149.jpg


種の包も毛が生えています


5/13 日影沢
 


マルバスミレ(スミレ科)07花040



mtg_PICT0151.jpg


mtg_PICT0158.jpg


mtg_PICT0164.jpg




ヒゲケマルバスミレ(スミレ科)07花041


マルバスミレは、北海道、本州、四国、九州に分布し、
山野のに当たりのよい草地や林縁などに生える。
「マルバスミレ」という名前は、
もともとは、「ケマルバスミレ」の変種扱いで、
茎や葉に毛のないタイプに対してつけられた。
ヒゲケマルバスミレは、側弁の基部に毛があるものをいう。
花色は白色が主ですが、淡いピンクもある。





スミレも地域によって
少しづつ違う。
白色が多かったけれど不動の湯で見つけた
淡いピンクで有毛のものは初めて発見!
逢えて感激!









山梨 杓子山不動の湯付近 2007/4/29
posted by たぼ吉 at 23:01| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 花写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月16日

和田草

癒し花



長いこと更新なくってすみません!
忘れ去られているかもね・・・(悲)
5月に入って、PCの調子が悪くなり、
また、仕事も超多忙で、ここまで徹夜が今日で3回目・・・
まぁ何とか落ち着いてきましたので
4月にたっぷり撮っているお花を中心に載せていきます。



mdt_PICT0375.jpg


mdt_PICT0370.jpg



mdt_PICT0420.jpg



mdt_PICT0424.jpg



mdt_PICT0386.jpg



mdt_PICT0397.jpg



ワダソウ(ナデシコ科)07花039


白い花びらに真っ赤な雄しべが愛らしい。
ハコベの仲間では花弁の
先があまり切れ込まないのが特徴。
山の草地に生え、茎の先端に花を付ける。
花のすぐ下の葉は大きく4枚が輪になって付く



この日も高尾に行って
此花に会いたくって小宮公園に!
お花は少なかったけど、逢えて感激!









東京 小宮公園 2007/4/21
posted by たぼ吉 at 23:09| 東京 ☀| Comment(3) | TrackBack(0) | 花写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月03日

白花蝦夷菫

安らぎ




mtg_PICT0049.jpg



mtg_PICT0054.jpg


mtg_PICT0055.jpg



mtg_PICT0050.jpg



mtg_PICT0058.jpg




シロバナエゾスミレ(スミレ科)07花038


すみれの白花の扱いには純白花をシロバナ〜・シラユキ〜と呼び
準白花をオトメ〜と呼んで区別するものものがある。
エイザンスミレの白花は後者の部類で、呼び方自体も北海道とは関係なく
エゾスミレとなり、シロバナエゾスミレと呼ぶ。
ヒトツバエゾスミレも同様の呼称変化。



エイザンスミレのシロバナ種。三つ峠は高度が1200m付近だったので
お花は少なかったけど、逢えて感激!









山梨 三つ峠 2007/4/29
posted by たぼ吉 at 21:29| 東京 ☀| Comment(5) | TrackBack(0) | 花写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月01日

日陰菫

比較




mdt_PICT0266.jpg



mdt_PICT0272.jpg



tk2t_PICT0158.jpg


上3点 裏高尾 日影沢


smt_PICT0043.jpg


smt_PICT0039.jpg



smt_PICT0065.jpg



smt_PICT0034.jpg



ヒカゲスミレ(スミレ科)07花037


林下や谷沿いなどの半日陰に生えるスミレで、
高さ10-15pになる多年草。
地上茎はなく、根元から葉と花柄を出す。
葉は、長さ4-7pの長卵形で両面に毛が生えている。
花柄には毛が多く、花は白色で唇弁と側弁に紫色の筋があるが、
唇弁の筋が一番目立つ。側弁の基部にも毛がある。



裏高尾ではタカオスミレが多く、緑葉の日影菫を見つけるのが難しい。
それとこの塩尻の菫は葉が厚くって
違う種類と思える。栄養がいいのかなぁ(^^)v









長野 塩尻市みどり湖付近 2007/4/22
posted by たぼ吉 at 23:48| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 花写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする