2007年03月26日

長葉の菫細辛

見比べ



saut_PICT0219.jpg

ムラサキ色


saut_PICT0213.jpg


saut_PICT0216.jpg




saut_PICT0126.jpg

ピンク色


saut_PICT0120.jpg



saut_PICT0121.jpg



ナガバノスミレサイシン(スミレ科)07花023





山地や丘陵の明るい林下に生える
主に太平洋側に分布しよく似た
スミレサイシンは日本海側に主に分布する
細辛はウマノスズクサ科の薬草で葉の形が
ウスバサイシンに似ることに因る和名
地上茎の無いスミレの仲間
葉は三角状長卵型草丈は10〜15cm
春先に葉が開ききらないうちから花をつける
花は淡紫色で直径約2cm、距は太くて短い。



分布 本州(関東地方以西)、四国、九州
花期 4〜5月



次女と神奈川百選のかたくりの里から
高尾山へ・・・・
6号路を降りていくところで見つけました。
ナガバノスミレサイシンは花の色形が
結構違うので葉っぱをよく見ないと
わかりません。
特徴は、二つの色違いも距は同じですね・・・
横から撮ればよくわかります









東京 高尾山  2007/3/21
posted by たぼ吉 at 23:57| 東京 ☀| Comment(4) | TrackBack(1) | 花写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
花びらの形も色もだいぶ違いますね。
これは両方とも
ナガバノスミレサイシンなんですか?
(よくわかってなくてすみません(^_^;))

どちらも雰囲気は違うけれど
どっちも好きだなぁ〜〜〜♪(^o^)/
Posted by keiko at 2007年03月27日 12:36
●うっとり(いつもですが♪)見せていただきました。
なんか凄みのある美しさです。
うちのすみれも可愛いと思ってたのですが、
やっぱり美人度が違います。
惚れ惚れで〜す。
いちばんポピュラーな立壺菫ですが、
TBさせていただきます。
Posted by るな at 2007年03月27日 17:21
たぼ吉さん、スミレきれいですね。
私もすみれ育てていますが、なかなか、花が、開いてくれません。
それにしても きれいな花。
私も また、花を撮ろうと考えているのでD40から、sweetの出番と考えています。
たぼ吉さんの様に綺麗には、とれませんが、4月の桜は、頑張って撮っていきたいと考えています。(^o^)
Posted by けい at 2007年03月29日 07:54
★keikoさん。ほんまに色んなスミレが色んな表情で楽しいです。


★るなさん。野のスミレは力強いです。また生息している姿に感動しますし、
いい表情のものは厳しいところに咲いていますが
その姿を見るだけで幸せな気分になります。
だから会いに行くのでしょうね


★けいさん、大阪城の桜も楽しみです。
 また楽しませてください。
Posted by たぼ吉 at 2007年04月02日 23:42
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/36751472
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

●やさしい野すみれ苔玉。苔玉346。
Excerpt: すみれは、気まま、がんこもの。 珍しそうなのを買ってきても、 お気に召さないと、すぐにサヨナラ。 でも、自分で決めた場所では、よく増えてくれます。 とんでもないところに小さなすれみ。 植木鉢のなかに..
Weblog: ●苔玉ごろごろ、だから苔想●●
Tracked: 2007-03-27 17:21